科学教育振興展覧会

2011.10.8

今日、科学教育振興展覧会を、家族で見に行きました。

これは、近隣の市の小中学生が行った、夏休みの自由研究の発表会。

ただし、各学校からは2名のみの選出。


そしてそれに、我が家の長男タク(小五)が選ばれたのです!

しかし夏休みが終わったあと、選ばれてからが大変でした。

追加の実験や、この二週間くらいは展示するために、

実験結果をきれいに模造紙に書きなおしたり、

友だちと遊べない日や、夜も11時半頃まで起きて頑張っていました。

本人は、「こんなに大変なら来年の夏休みは(自由研究を)適当にやる!」

と言っていましたが、とにかくよく頑張っていました。

でも、タク、この経験はきっと役に立つからね。


タクのタイトルは 『水性ペンの色は水でぬれると色が変わっちゃう!?』

模造紙3枚の展示です。

画像



画像



画像



会場の体育館には、130タイトル強の研究が並びます。

一つひとつ、すべての研究に目を通しましたが、レベルの高さにびっくり。

それ以上に、日常の素朴な疑問を知りたいと思い、

解明しようとする姿勢に、

日本の科学技術の未来の光が見えた気がします。

頑張れ、日本!

頑張れ、日本の若人!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のん
2011年10月09日 16:16
すごい!タクくん!!

学会のパネル展示みたい!!

よくがんばったねぇ。

明るい未来を感じて
私まで嬉しいです!

元気をくれて、
ありがとう!!
たかさん
2011年10月10日 00:44
のんさん
いつもありがとうございます。

運動会、発表会、子供たちの頑張りを見ていると、本当に胸が熱くなりますよね。

この記事へのトラックバック