『読書会のすゝめ』 その2  読書へのいざない

昨日は、読書の楽しみ方の基本(ファーストステップ)をお話ししました。

このあとのどの段階、つまりどういう読み方をするにしても、

楽しい! ワクワクする!

という気持ちが、読書にとって一番大切、だということは言うまでもないでしょう。



ただしこのファーストステップでは、本を読むのは基本的にひとり。

(ここでBGM 中島みゆき「ひとり」♪)


この段階での読書は、あくまでも「独りで情報を得るための手段」としての読書。

でもなんかこう書くと、いかにも楽しくなさそうに感じません?

はやく、みんなで読みたくなってきませんか?

というあからさまな誘導尋問はやめておきましょう。



さて、ここから先は、読書が好き、という人は読む必要はありません。

もうすでに読書の楽しみを知っているわけですから、

今日のところはお引き取りください。(笑)



とくに私が読んで欲しいと思っているのは、

読書会って何が面白いんだろう?とか

読書の楽しみがわからない人、

今までイヤイヤ、義務感でしか本を読んだことがない人

本の楽しみがわかってないない人

何を読んだら良いのかわからない人。。。そう、あなたです。(笑)



そんなあなたには、まずこの本を読んでみることを勧めます。

『読書のチカラ』 の感想ブログ

読書のプロフェッショナル、齋藤先生の、読書への想いがいっぱい詰まっています。

いろんなジャンルの本でのお薦めの本が載っているので

この本を母船として、興味の赴くままに読み発っていくのがいいと思います。


もう一冊は『声の文化と子どもの本』 の感想ブログ

この本は、特に小さい子のいるお父さんやお母さんにお勧めの一冊です。

子どもに読み聞かせることの大切さを

そして数々の素晴らしい本を紹介してくれています。


まずはこの2冊を読み、読書の楽しさをしったら、次のセカンドステップに行くことにしましょう。


ということで昨日予告していた、第二ステップ Interformation Step については、また明日。

※ご意見お待ちしております。


読書のチカラ
大和書房
齋藤 孝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 読書のチカラ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



声の文化と子どもの本
日本キリスト教団出版局
松居 直

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 声の文化と子どもの本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック