『読書会のすゝめ』 その5 読書会のながれ


えっ 『その5』があったの!? と、びっくりされているかた

ありがとうございます。(笑)


昨日までの『読書会のすゝめ』その4で、

読書の楽しみ、そして「読書とのかかわりかた4段階」の説明をしてきました。


※ちなみに、私が言う「読書とのかかわりかた4段階」は、
 『2022―これから10年、活躍できる人の条件』(神田昌典著)では、
 「知識創造時代における、成長の四段階」とか
 「読書会がもたらす4つの成長ステージ」と表現されています。



で、じっさい 読書会ってどうなの?

という、あなたの声が聞こえてきましたので、

今日は、実際の読書会についてお話しします。


ぼくらリーディングファシリテーターが行っている、READ FOR ACTION読書会の

オーソドックスな進行は、こんな感じです。
※あくまでも「オーソドックス」な、です。

4~5人でひとつのグループになる。

(1)自己紹介 ( 3分)
  ※テーマ&目的の確認

(2)予習 ( 2分)

(3)本の紹介   ( 1分)

(4)相手の本への質問 ( 5分)

(5)答え探し読書 (15分)

(6)プレゼン(回答) ( 3分)
  ※エキスパートとしてプレゼン

(8)ダイアログ(対話) (10分)

(9)ひとこと(感想) ( 1分)



ファシリテーターが、その場の雰囲気、参加者の反応や流れを見つつ、

臨機応変に、場をコントロールします。

参加しているみなさんが本に集中できるように、

そして本からの「気づき」が得られるように。



その結果、ほとんどの人が、この短時間のワーク(作業)にも関わらず

・本からの気づきの多さ

・今まで独りで本を読んでいたときとの感じ方の違い

・なんだかワクワクしてしまう気持ちを得て、

みんな笑顔になります。




このような読書会で、「読書とのかかわりかた4段階」の1~3までを、

わくわくした気持ちで経験できます。

それが証拠に、一度来た人のリピーター定着率は結構な割合になります。

さらに、リピーターで参加している人が、いつの間にか常連、さらにはリーファシになり

Transformationのステップにまでいっている人もいます。


限界は己が決める。

楽しいと思うことにはどん欲でありたい、と思います。



まずは軽い気持ちで結構。

読書会に行きたいと思ったら、こちらまで↓

2022 Dreams Come True ~夢をかなえる読書会~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック