H28年度 中学校の卒業式 祝辞

娘の通う中学校のPTA会長として、卒業生に祝辞を贈りました。

想いを込めて。

みなさんにシェアします。

もし気に入ったフレーズがあれば、ご自由にお使いください。


------
 卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

 無事にこの○○中学校を巣立ち、羽ばたいていくこの日を迎えられましたのも、日々熱心にご指導下さった先生方のおかげと、深く感謝しております。

 また、日頃から温かく見守って下さっている地域の皆様にも多数ご臨席賜り、共にお祝い頂きます事、まことにありがとうございます。PTAを代表いたしまして、旅立ちの言葉を贈らせていただきます。



 卒業生の皆さんは、本日で義務教育を終え、春から、新たな環境の中で様々な経験を積んで行く事になります。

 例えて言うと、これまで皆さんは、外海に出ていくために、港の中で、泳ぎ方や船の操り方の基礎を学んでいたのです。

 そしてこれから、いよいよ外海に漕ぎ出していきます。

 皆さん、少し想像してみてください。皆さんがこれから漕ぎ出していく外海は、どんなところなのでしょう?

 外海に出るとすぐに、波やそのうねりの大きさ、流れの速さ、そして海の大きさに圧倒されると思います。

 でも、慣れるまでは必死に食らい付いてください。

 この○○中で育ってきた皆さんなら、大丈夫です。

 きっと荒波を乗り越えていくことができます。

 自分を信じて、立ち向かって行ってください。

 さらに、大きさに圧倒されるのと同時に、皆さんが感じるのは、○○市の小ささ、○○中の小ささでもあると思います。

 皆さんご存じのとおり、○○市の人口は七万五千人。これは日本の市の中で六番目に小さく、日本の二十分の一である○○県の、さらに百分の一の人口でしかありません。

 さてここで皆さんに問題です。

 世界の人口七十三億人を、卒業生の皆さん約百五十人に縮小したとすると、日本の人口は、何人になると思いますか?

 答えは、二.五人です。

 少し周りを見回してみてください。

 この百五十人の仲間のうち、わずか二.五人だけが、日本人なのです。

 ○○市はその二十分の一の、さらに百分の一ですから、ほんの指先くらいの大きさです。

 どうです、小さいでしょう。(笑)



 皆さんはこれから、この小さな小さな○○中学校から、百五十人の人たちが住む、世界へとつながる大きな海へ、
船を漕ぎ出して行くのです。

 その出航に際して、一番大切なことは何だと思いますか?
 

 どこに行くのか、目的地を決めることです。


 「なーんだ」と思う人がいるかもしれませんが、皆さんは目的地、別の言葉で言えば「夢」を持っていますか?

 どこの大学に行きたい、とかではなく、自分はどんな人になり、世の中に何を成すのか、という大きな夢を。

 大きな夢を持ち、その夢に向かって歩み続けてください。

 これから漕ぎ出してゆく外海は、波も大きく、時には嵐となり、思っている方向には進まず、泣きたくなるようなことの連続です。

 そんなときでも、夢をしっかり持っていれば、その夢が灯台の光となって、みなさんが進む道を示してくれます。

 たとえみなさんが流され、地球の反対周りの道を選んだとしても、どんなに遠回りしたとしても、夢を持ち、そこに行きたい気持ちを失わなければ、目的地にたどり着くことができるのです。
 

 それでも思い通りにならずに心が折れそうなときには、この言葉を唱えてみてください。

 『 失敗などしていない…うまくいかないやり方を 一万通り見つけただけだ 』

 すごい言い訳ですよね(笑)

 この言葉、誰が言ったか判りますか?

 何を隠そう、かの発明王トーマス・エジソンが繰り返し言っていた言葉なのです。

 人に笑われようが、なにしようが、諦めなければ 失敗にはなりません。

 たとえ遠回りであっても、成功するまで、何度でも、何度でも あきらめず 夢に向かってチャレンジし続けた人にだけ、光り輝く朝が来るのです。

 アニメ、ワンピースの主人公モンキー・D・ルフィのように

 「俺は海賊王になる!」

 と、自分の夢に向かって、自分の無限の可能性を信じて、世界に羽ばたいて行ってください。


 
 保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。

 この日を迎えられましたこと、感慨深いことと思います。

 高校生になると、体つきも言動も、また一段と大人びてきます。

 しかし親としては、いろいろな面で、不安で心配になると思いますが、子どもを信じ、子どもの成長を見守ってあげてください。

 子どもと一緒に苦しみ、喜び、そして楽しんでください。



 すべての礎は、まず家庭から。

 家族の温かい応援があってこそ、安心して大人へと成長していくことができます。

 保護者の皆様、三年間、PTA活動にご尽力くださいましたこと、心より感謝申し上げます。

 最後になりますが、卒業生の皆さんの輝かしい未来とご家族の皆様のご多幸を祈念いたしまして、あいさつと代えさせていただきます。

 本日は誠におめでとうございます。


 
 平成29年3月15日
              ○○中学校
                  PTA会長 ○○ ○○

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック